大原

 

めしおけを

ひとり抱ゆる

老爺あり。

 

冷や飯を

欠け歯でほぐす

夕餉どき。

 

ヤブ蚊ふえ

夏きたれども

蚊帳はなし。

 

箸先に

菜(さい)をつかみて

ものおもい。

 

ともしびを

つけるのも憂し

ひとり膳。

 

夏草と

やぶ蚊のなかに

老爺住み。

 

大原の

細流の水

朝に汲む。

 

川芹を

ひとたばとりて

ゆでてくう。

 

高麗人の

好むものらし

笛の音。

 

蠅たかる

みにくきむくろ

夏むくろ。